読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっとここから

V6という底知れぬ沼

いろいろあったベストアーティスト2015

先月、プライベートでいろいろな事があり、精神的にも肉体的にも追い込まれる生活を送っていた。

V6のことについても、学校へ行こうや、岡田くんの誕生日やら色々あったが、ブログも更新できないままだった。

そんな中、すごく久々にテレビを見れる機会があった。

先月のベストアーティスト2015だった。

冒頭ボカして書いたが、母親が重い病気で入院していて、家族で交代で付き添っていたのだ。

正直いつ容態が悪化するかわからなかったので、テレビを見る心の余裕なんてなかった。

やっと少しずつ症状が安定してきたかな?というときにちょうどベストアーティスト2015があった。

もちろん、病室で見た。

余談だが、母もジャニーズ好きなので、一緒に楽しく見ていた。


印象に残ったのは、Hey!Say!JUMPのキミアトラクション!!
すごいかわいくて、キラキラした曲で、何よりアイドルスマイル全開の彼らを見ると、看病で疲れた心が癒された。

中島くんが曲の始めの方に、階段をビョーンと飛んでいたのがかなり可愛かった。

山田くんは、正直好みとかじゃないんだけど、すごくキレイな顔で素敵なアイドルスマイルをするし、華があるし、ついつい目で追ってしまうので、さすがセンターだなぁと感心した。

あと、私は有岡くんの歌声がかなり好みだ。
すごく自分のキャラを分かった感じの歌い方だし、「君がNo.1だ~!」の言い方とかいちいちツボだった。

JUMPの次は母が好きな亀梨くんがいるKAT-TUNだった。

冒頭の田口くんの挨拶、私も母もボーッとしてよく聞いてなかった。

私は、「え?KAT-TUN抜ける?冗談じゃないよね?いや、これマジなトーンだぞ!?」と驚いたし、母もその後亀梨くんが震えながらコメントしているのを見て絶句していた。

母と共に、頭の整理がつかないまま、曲を聞いた。
田口くん以外明らかに割りきっていないような雰囲気を持ったまま、パフォーマンスが始まった。

冒頭の「何度も失って~」という歌詞がKAT-TUNの状況を表しているようで、切なくなった。

母は病気でしんどくて声があまり出せないが、「なんで辞めるんだろう」とボソッと呟いた。
母はKAT-TUNが好き、というよりは亀梨くんが好きなので、あまりショックは受けていなかったとは思うのだが、びっくりしたらしい。

私は、これがもしV6だったら、今の私の精神状態だと受け止められないし辛すぎるな、と思った。

なので、KAT-TUNのファンの方々の気持ちを考えるといたたまれない。

KAT-TUNショックを引きずったまま、V6の順番になった。

6人の姿を見た瞬間、テンションは一気に上がって、久しぶりに心から笑顔になれた。

メドレー曲に、「Be Yourself!」があると分かったとき、すごく嬉しかった。
大好きな曲だし、何よりテレビでやるのを見るのは何年ぶり?というくらいだし、すごく新鮮だった。

Wait for Youが終わってBe Yourself!のイントロが流れた瞬間、イノッチがかっこよすぎて心奪われた、「交差点が青に変わる~」のとこの振り付けとか昔っぽくて良いし、岡田くん筋肉すごいし、みんな歌うまいし、はぁ~、満足!と思っていたら、6人の動きが...マイク置いた?

えーー、まさかのバク転!
去年の紅白でさえやらなかったし、今年のツアーでもやらなかったのに!!

かっこよすぎる~!攻めるなぁV6!と余韻にひたりながら愛なんだの6人ワチャワチャに癒されて本当にV6ファンとして充実した。

私の次の楽しみは、FNSと紅白!
まだまだ付き添い生活は続くけど、V6が居るから頑張れると思う。