読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いつくままに

好きなもの、ことを綴っていきます

ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 9/19 横アリ(ネタバレ注意)

前回のOMGコンから約2年半、待ちに待ったV6のコンサートツアー!

今年のコンサートは激戦と言われた中、私の名義で9月19日の横アリ、友達の名義で9月21日の横アリが取れた。

 

直前にメンバーの恋愛報道等があって、ちょっとナーバスになっていたのは事実・・・。24時間テレビで気持ちがだいぶ回復していたが。

 

元々V6のメンバーは全員好きで、強いてあげるなら担当は岡田くんだったけど、前述したとおり、複雑な気分だったので今回のツアーでは誰のうちわも持たなかった。

一番は誰っていうのが自分でもわからなかったし、パフォーマンスに酔いしれたかったから。

 

しかし、やっぱり岡田くん、好きだ~!と思う事件が9月19日起こった。

 

それは後述するとして、グッズの話をしようと思う。

局1時間半ほど並んで購入できた。

今回購入したグッズはモバイルポーチ、ペンライト、Tシャツだった。

ペンライト、シンプルで可愛くてとってもお気に入り。

 

ツアートラック前で記念撮影して、横アリ近くのお店で飲みながら開場待ち。

店内は全員V6ファンばかりで、前のOMGコンの時は周りを観察する余裕なんてなかったけど、みなさん思い思いのおしゃれをしていて、ファッションを見てるだけで楽しかった。

 

開場時間ぎりぎりまで居酒屋で時間をつぶしてから会場入りした。

入口ではラブセンのVみくじが配られた。剛くんの小吉だった。

 

横浜アリーナで驚いたのが、トイレの待ち時間の短さ。かなりの個室数があるので、列がはけるのが早かった。

宮城のOMGコンの時は、4つしかトイレがなかったので開演ぎりぎりだった。

 

トイレを済ませて席に戻ると、ラブセンのCMが流れていて、(BGMはAir)皆でワ―キャー言いながら見るのが楽しかった。

今回のコンサート、「ラブセン presents」がツアータイトルについたとき、どんだけ演出に絡んでくるの・・・?と得体のしれぬ不安に陥ったのだが、実際はVみくじ配布とこのCMくらいだった。

 

ここからはツアー本編のレポなので、ネタバレ見たくない方は注意!

 

 

↓↓

レポといっても曲順とかあんまり覚えてないし、私がここはツボった!というのを

書いていく。

 

  • セット

めっちゃシンプルー!っていうのが感想。

メインステージとセンターステージ。あとは花道が田の字型。

 

  • オープニング(Wait for You)

友達との予想どおり、新曲のWait for You!こういうしっとりした始まり方って大人っぽいし、めちゃかっこいい。ピアノアレンジになってて、またこれがめっちゃいい。

会場のアルバムを買うと最後まで聴けるらしい。

剛くんのキャラメルボイスがのっけから炸裂して震えた。

 

オープニングの余韻が冷めやらぬうちにこのイントロが!!めっちゃ盛り上がったし、この曲めちゃくちゃかっこいいな(泣)

生で見るのも初めてだったので大興奮!

V6ファンになってからずっと「フーフー」言いたかったので夢がかなってとてもうれしかった。

 

  • Supernova

オープニングの2曲でめっちゃ盛り上がったのに、ここでこの曲!?死人が出るぞ・・・って正直震えた。

ファンのみんなのイントロ流れ出した時の何ともいえない緊張感半端ない。

レーザーの演出、めっちゃかっこよくて。。(泣)いのっちがMCでビーム出しちゃいましたー♪っておちゃらけてたけど、釘づけで・・・。

あと、みんなの悲鳴がすごかったのが、セクバニコンの振り付けになったとき。

やっぱエロい。香水つけるV6セクシーすぎ。

 

楽曲大賞で投票したAirがここで!!

とにかくこの曲は歌詞と歌割りが神。

生で聞けて本当にうっとりとした・・・。

  私が曲順覚えているのはここまで。

 

  • MC

この日のMC、本当盛りだくさん*1で、久しぶりにおなか抱えて笑った。

やっぱりいのっちは天才だと思う。

 

中でも健くんが、イノッチのあさイチのセットに潜入!っていうコマ送りの写真がかわいくてかわいくて・・・。36歳でこんなことやっちゃう健くん、最高だよーー。

しかもイノッチの健くんからもらったメモを公開するし、(内容覚えてないけど

、最後に世界の健よりって書かれてて吹いたw)それに絡めて岡田くんが次の仕事の台本読んで悩んでたら、健くんが「自分に自信持てよ!!」って慰めたってエピソードも話してて、さすが世界の健さん!!ってなってた。

 

あとは、長野くんのおしり話

イノッチ「スパノバのまるで二人恋人のように~ってとこで坂本くんと長野くんのケツがぷりぷりしてて~」(動作再現するんだけど、めっちゃ面白かったww)

誰か「やめろよ!おかしい目で見ちゃうだろ」

 

それからのスパノバ歌割りの話

イノッチ「カミセンパートをトニセンのほかの二人も歌っちゃってるから、自分がまるでサボってるみたい。しかも6人中5人が歌ってるから、まるでおれ1人が間違えてるみたいじゃねーか!」って畳み掛けるように行った後に

 

坂本くん「井ノ原、自分に自信持てよ!!」

 

って言っててすごいウケた。上手に落ちすぎww

 

MC終わった後、イノッチだけすごい汗だくで、「MCってふつう汗引くのになんで

?」って自分で言ってて面白かった。

 

トニセンがはけてったあとに健くんが「いのはら君のマシンガントークがすごかった」って言ってたけど、本当にこの日のイノッチのテンションすごかった。

この日のMCはぜひDVDに!!!

 

  • HONEY(トニセン)

ごめんなさい、この曲初聴きで・・・。トニセンの曲もっと勉強しとくんだったって思うくらいめっちゃかっこよかったーー!!トニコン行きたい。

曲の冒頭ではけてくカミセンがトニセンと絡んでて、特に岡田くんが長野くんに激しく絡んでた。

 

キミノカケラ(カミセン)

これも初聴き。何かの通常盤に入ってた曲らしい。

めっちゃ曲好みだった。買う。

 

・SPOT LIGHT

C&R楽しすぎ!!

やっぱりめっちゃ盛り上がった。

 

BTW

イントロが流れ出した時、マジで!?アラフォーおじさんたち踊れるの!?ってビビった。これも生で一回見てみたかった曲。

岡田くんのソロ、めっちゃかっこいい。

 

  • 39 symphony

後半戦は、V6がファンに会うために移動した距離とか、確率とか、そういうスライドが流れた後、メジルシの記憶からスタート。

 

スタンドとかいろんなところにメンバーが散らばってトロッコなしでファンと握手したり、とにかく大サービス。(これは第二章からだったかな??記憶があいまい)

気付いたら岡田くんがこっちに向かって歩いてきていて(汗)

それで頭真っ白になって、何の曲を歌ってるときなんだか覚えてなくて。

 

私はちょうど通路に一番近い席に居たので無意識に右手を出していた。

すると、岡田くんが私の真ん前に立ち止まって歌いだして(汗)

ここから記憶があんまりなかったけど、不意に右手を握ってくれた。

 

・・・・・!?

もしかして、握手してくれた??

 

岡田くんの手はめっちゃやわらかくて温かくて・・・。

しばらく放心状態に。。。

 

友達によると、岡田くんがいた間ずっと私は無表情だったみたいで、失神してるのかな?と心配したほどだったそうで。

 

岡田くんが去ってから、坂本くんと長野くんがめっちゃ爽やかな笑顔を振り撒きながら走っていった。

 

とりあえず、この大事件、この日の公演は放心状態で観ていたので本当に記憶がない。

 

・君が思い出す僕は君に恋しているだろうか

センターにあつまったメンバーがごにょごにょ話し出したので、MC入るのかな?って思ったけど、アカペラで歌いだした・・・!!

めっちゃ鳥肌立ったし、生で聞くとやっぱり上手くて聴けて良かった。

 

BEAT YOUR HEART

Wアンコで歌ってたけど、まぁくんの低音ラップ、めっちゃ好きやけん(思わず方言)テンションあがったーー!

 

とりあえず、気になったとこはこんなところ。

 

とにかく踊るし、歌うし、パフォーマンスに酔いしれるコンサートだった。

かと思えば、体力消耗するのにスタンド歩いてくれて、後方席へのファンサービスもばっちりで。

 

最後のあいさつで、イノッチが「他のGのコンサート行ってもいいからね!それで皆が幸せでいてくれるならそれでいいから!」とか言ってたけど、私は「V6にしか興味無いんだよ!V6に幸せにしてほしいんだよー!また来年もコンサートしてくれよー!!」って重苦しく思った。

 

あんなよほどドMじゃなきゃこなせないでしょ・・・っていう怒涛のセトリを組んでくれたV6には本当に感謝しかないし、これからもずっとついていきたいなって思った。

3時間ほぼ立ちっぱなし、声も枯れたけど、全然疲れなんて感じなかった。

 

あと、報道もあったし、髪型も好みじゃないし・・・ってモヤモヤしてたけど、岡田くんめっちゃかっこよかったし、やっぱり最初から目で追ってしまった。

 

トドメはファンサービスだったけど。こんな単純な自分がちょっと情けなく感じるけど、やっぱり間近で見るとオーラ半端無かったし*2変にイジけるのやめようって素直に思えた。

 

そんなこんなで9月19日の横アリはこんな感じ。

21日の横アリはスタンド後列だったので、画面の演出のこととか書き足そうと思う。

*1:イノッチが話を盛ってたとも言うが

*2:アイドルのキラキラオーラではなく俳優の重厚なオーラ、気軽に寄れない雰囲気